スムーズに賃貸オフィスを見つけよう【短期間で見つけるコツ】

今後の成長性の見方

女性

トータルでの判断

法人が不動産を検討する際には単にコスト削減の観点から検討するのではなく、今後の法人の事業への取り組みや成長についても考慮して検討する必要があります。従業員数が将来的にも安定している場合と事業の展開によって従業員数が拡大する場合とではコスト削減のアプローチが大きく異なります。従業員が安定しているのであれば不動産を保有しして自社に最適な設備を整えることによって長期的に安定した費用を見渡すことが出来るので、コスト面でも大きなメリットとなります。しかしながら、従業員数が事業の拡大に応じで大幅に増加する見込みのある場合には不動産を保有することはその分自由度が失われてしまうため、コスト削減の観点からは大きな阻害要因となります。必要に応じて必要な施設や設備を変更することを行って事業の成長に合わせていく必要があります。最近は賃貸物件の質の向上が顕著となっており、自社のニーズに即した物件を探すことが難しくなくなっています。しかしながら内装については変更することが一般的ですので、現状復旧を考慮するとコスト削減を優先する場合には現在建設中の物件にアプローチして、自社仕様の採用を織り込んだうえで契約することが重要です。立地についてもコスト削減の面から検討することが重要です。賃貸料が安くても交通アクセスが良くない場合には従業員の交通費が通勤費用を含めて増加する可能性がありますし、従業員の雇用面でも不利になるケースが少なくありません。

Copyright© 2018 スムーズに賃貸オフィスを見つけよう【短期間で見つけるコツ】 All Rights Reserved.